人生訓

メンタリストDaigoさん超習慣術から学ぶ習慣の挫折や失敗を失くす方法

Pocket

前回のメンタリストDAIGO さんの超習慣術を読んで。の続きでございます。

前回の習慣づけたいものを維持するテクニックや 身につくまでのテクニックと解説いたしました おさらいと致しましては。

  1. 週4回から始めてみる
  2. 周りの人と切磋琢磨する
  3. ご褒美と報酬を 常に可視化目に見えるようにしてモチベーションをアップさせる
  4. 禁止ではなく楽しい代替案をたててポジティブにかんがえる。

この四つの事項を主にお伝えして自分なりに 目標を立てました。

今回は

習慣化をする前に挫折をなくすための方法を考察していきたいと思います。

今回も メンタリスト DAIGO さんの著書「超習慣術」を読み、自分の体験談、失敗談をもとに考察していきたい。

コインチェック

やればできる‼️という自己効力感を高める

習慣化が苦手な人の特徴は自己効力感が低いといわれています。

ここで自己効力感とは自分の努力や行動によって未来を変えられるという感覚である。

つまり

「やればできる‼️」

という豪速球を投げる高校野球芸人ティモンティたかぎしさんがよく言っているセリフです。
このやればできる!という自己効力感が高ければ 本当に実現できることも可能であります。

なのでたかぎしさんは一見ふざけていっているように言っているようにみえますが、本当に高校野球で実績を出し、芸人となりバラエティ番組でも無人島脱出や、激辛料理を完食したりとお題や挑戦に成功を次々にているのでまんざら間違いではないと思っております。

本当に真面目に皆さんに伝えていると思います。

最近の小学生から人気のある芸人さんですので、メディアを使ってどんどん広めていって欲しいと思います。

確かに嫌悪感や 罪悪感によって自分が嫌になってやめてしまうのが ほとんどであります。

一回だけ途切れたとしても少し弱さを見せた自分を認めて 明日から頑張ろうと切り替えられる方が意外と習慣化に続けられるんだと思います。

意識のある習慣づけは時には疲れてしまうこともありますのでリフレッシュも必要ですよ。

歯磨きみたいな無意識の習慣になるためには8週間どうしてもかかってしまいますので💦

弱い自分を受けられる 強い心を持つことが大事ですな。

失敗をプラスに変えるポジティブ思考を考える

このまま挫折をしてやめようとは思わずに

反省点を見つけて対策を練ることが必要です。

私は仕事から帰ってきたとき物凄く疲れて何にもブログ更新や、副業の勉強やる気が起きずにそのまま寝てしまうことがあります。

ならば寝てしまったらどうすればいいのか

何が足りなかったのか、どうすればいいのかを振り返る事です

ここがうまくいかなかったら次はこうしようと考えて初めて地に足の着いたポジティブ思考になります。

今回の事象に関しましては 対策をいくつか考えました。

  1. あまりやろうとは無理に考えず疲れてしまったらその日は諦めて早くねる。
  2. 早く寝た次の日は 必ず 行動をする。
  3. または夜早く寝た時は朝早く起きて活動する。

というように当たり前でありきたりなことですが三つのことを立てました

立てることによって少しポジティブになれる気がします。

貪欲に行動するのが一番ですが、まず長く続きません。

あまり無理をしないことが一番だと思います。

※今回のいう行動するということは私としましてはブログを書く読書をする アフィリエイト記事を Twitter SNS に書き込むと言った副業的な内容です。

失敗は成功のためにあるものだと考える

成功と失敗は表裏一体のものです

失敗を乗り越えて成功する人はたくさんいても失敗もしないで成功だけする人ははっきり言っていません 成功するためにはそれ以上の失敗が必要なのです。

なのでこういった習慣化に成功するためにもやはり失敗もつきものです。

なかなかこうした考えができない人はDaigoさんは憧れのヒーローや創業者の大成功を収めた人の伝記などを読むのをオススメしております。

失敗経験が書かれていない伝記はないというのは確かに自分も読書してみて確かにそう思います。

身近な人、憧れの人のスポーツ選手、芸能人の生き様を読んでみるのも良いかもしれません。

そういえば私は陸上行っておりましたので、先日為末大さんの諦める力を読みました。

為末大さんは当初100 M の選手でありましたが 400メートルハードルに移行した経緯や現代のオリンピック選手の思考について考察しておりましたので、機会があれば読んでいただきたいと思います。

私も失敗して上司や先輩方に注意、指導されたりすることはありますが確かに失敗するとへこんでしまうのは確かです。

確かに失敗や辛いものでありますよね。 失敗をするとつい投げ出したくなるのもわかります。

走り出したからには失敗をするために前進していると考えればいい。

著者はこういう思考を勧めしております。

なかなか気持ちの切り替えが難しいですがそういうポジティブ思考を持って行かなければなりませんね。

また自己嫌悪に陥ることがなくなれば達成率はあがりますよ。

今回、習慣化の挫折を防ぐ方法として

  1. やればできるという自己効力感を高める。
  2. 失敗をプラスに変えるような対策を考える。
  3. 失敗は成功のためにあるものと考え、自己嫌悪に対する離脱を無くす

自分なりに習慣化の挫折に失敗しないために特に重要なものを3つピックアップしました。素人目線でまとめましたので、一概には言えませんし、まちげった解釈をしていると思いますので

詳しいことは、専門であるメンタリストDaigoさんの「超習慣術」を読んでいただければ幸いです。

ABOUT ME
テクノ
九州在住の30代専門職サラリーマン😄 社会人から貯蓄をコツコツ蓄え、独身ならではの収入と倹約のみで30歳で貯金1000万達成。現在はブログ運営、ポイ活とせどりと蓄えた貯蓄で投資と株主優待生活のハイブリット生活を実践模索中。お小遣いを有効に幸福に使う方法を提案。妻と子供に恵まれ子育ての楽しさと苦悩を実感してきます。