人生訓

【2021年2月版】迫る希望退職・早期退職の波 有事に備えて 私たちはどうすべきなのか。

Pocket

オリンパスは2月26日、同月に募集した希望退職(社外転進支援制度)について、844人の応募があったと発表した。950人の募集人員を下回った。実施に伴い、2021年1~3月期の決算で約120億円の費用を計上する見通し。
 同社と国内グループ会社で2月1~19日に、40歳以上かつ勤続3年以上(3月末時点)の正社員を対象に募集した。応募者には通常の退職金に加え、特別支援金を支給。希望者には再就職支援も行う。
は希望退職の募集や新卒採用の抑制などで、社員数を2019年度に比べて600人減の6600人に減らす計画という。

近畿日本鉄道は26日、45歳以上の管理職と社員を対象とした早期希望退職を募ると発表した。人数は設定しない。

紳士服専門店最大手、青山商事が全店の2割にあたる160店を閉鎖、残る約700店のうち約400店の売場を最大で半分に減らすという。また、400人の希望退職を募ったところ、それを上回る約600人の応募があったと発表した。コロナ禍で在宅勤務が拡大したことで、スーツ需要が激減し、業績が大幅に悪化したのが要因だと報じられている。紳士服専門店の業績低迷は青山商事に限った話ではなく、AOKI、コナカ、はるやま、といった大手が、軒並み大幅な減収減益を余儀なくされている。

 

航空業界だけでなくオリンパス、青山

そして2月25日に関しましては鉄道会社の近鉄も希望退職者を募集しているということで ここへ来てコロナの影響で と職場の 早期退職・希望退職者を募っている現場を垣間見えております。

かくいう私もこのようなカテゴリーの会社に属しておりますので、他人事とは言えない非常事態であります。

そもそも希望退職は、平均的に40代の管理職や社員に対象とされております おそらく給料の高い人からどんどん切っていくんでありましょう。

時は遡って2020年8月13日放送された半沢直樹の第6話の一部シーンについてものすごーく気印象に残り、思うところがありました。

 

半沢は「帝国航空」の経営再建を巡って、政府が要求する500億円の債権放棄を拒否しようと奮闘。自ら現場を観察し、赤字路線の廃止や経費削減を盛り込んだ再建案を作成。

しかし再建案は、「帝国航空」の社内でも苦戦することに。約1万人もの余剰人員を整理する必要から、半沢は部下・田島春と奔走するという内容が冒頭で紹介されていました。

しかし約1万人もの余剰人員の整理など、どれも大きな痛みを伴うことは必至であり、中でも整備士ら専門職は異業種への転職を断固拒否をされ対応に追われていた描写が印象に残ります。

しかしこれって結構他人事ではないと思うんです😫

大手会社は業績悪化に伴い、人員整理を進めているのも現実的にあります。

会社にその道30年以上も働いて、急にほかのところに行ってくれ!とか別の仕事をしてくれというのは非常に体力的にも精神的にもきついものがあります。

今までにしたことがない仕事をするのは誰にでも不安あると思います。特に年配の方、いまから別のことを覚えろ!と言われても当然頭もついていきません💦いまだにパソコンを操作できない人もいらっしゃいます

ドラマのようにその中技術系社員350名を受け入れてもらえるという朗報を受けたりすることはあったとしても会社としましてもリストラをしたのはいいが新たな就職先を斡旋しないことのほうが多いと思います。

今現在、コロナ禍において飲食業、旅行業、ドラマのような航空業界が窮地に立たされもの、このような状況が落ち着かなければ、すごく大きい大企業であっても、これから先人員整理のオンパレードが待ち受けているかもしれません。

ドラマのような技術社員が経営陣に向かって歯向かう側になってしまうかもしれません。

まさに「人生先は闇」です。

上場企業の社長はコロナ禍以前から終身雇用の崩壊をすでに示唆しています。

最近ではジョブ型雇用というのに突出したスキルを持った人が 専門的に仕事をやると言う。今の総合職ではない 何でも屋さんが何でもやるということではなくなり専門の仕事の範囲を明確にすることで「より専門性を高める」方向性の採用方式にシフトしています。つまり専門の高いスキルを持った人が強くなるということです

会社におんぶにだっこは、リスクが高いということです。

何かを運転する仕事、何かを作る仕事などはその企業でしかできない仕事の場合があります。

いざ会社の外にでると 全く使い物にならないのです。

かくいう自分もそういう専門的な仕事をしているので 身体的な理由で急に仕事ができなくなった時は本当に怖いわけであります。

もはや現代社会においては もうこの仕事しかでしない!この仕事だけで何十年も食っていくっていう常識がもしかしたら失われつつあるのではないかと思います。

よってこの時代、力をつけておきたいのはやはり行動力や、今の仕事の別の仕事を行うための知識技能、継続力というものが求められる時代であったと私は思っております。

そのために現在自分はいろいろなビジネス動画や、本を読みながら試行錯誤しながら行動しているわけであります。

このブログ執筆も自分のスキルアップの一つです。

つまり今の会社から背中を蹴られても、食いっぱぐれの無いようにしなければなりません。

またなんといっても自分はまだまだやれる!そう信じて積み上げていきたいものです。

過去のブログでオンラインでの勉強、スキルアップを狙えるスクールもございます。プログラミングスクールと並行して、一考するのも良いかもしれません。

【人見知り改善】【無料体験もある】職場・会議・部下へのコミュニケーション能力をリモートで身につけるスクール「コミュトレ」の紹介コミュニケーション能力を強化したい❕ プレゼンやスピーチがうまくいけるようになりたい❕ 自分のスピーチで職場の人を納得・関心させるように...
【副業】30代からのブログ開設の為のワードプレスプログラミング講座というものがある件緊急事態宣言中に休業要請で自粛していた方は この後の仕事はないのではないか? そんな思いを 不安に抱き過ごしていたかと思います。 しかし...
https://techno-champ.com/entry/fukugyogakkou
ABOUT ME
テクノ
九州在住の30代専門職サラリーマン😄 社会人から貯蓄をコツコツ蓄え、独身ならではの収入と倹約のみで30歳で貯金1000万達成。現在はブログ運営、ポイ活とせどりと蓄えた貯蓄で投資と株主優待生活のハイブリット生活を実践模索中。お小遣いを有効に幸福に使う方法を提案。妻と子供に恵まれ子育ての楽しさと苦悩を実感してきます。