生活術

【年賀状】【テレワーク】家庭用インクジェクトプリンターは安いものでいい理由

Pocket

年賀状印刷やテレワーク時での書類の印刷を始めるときに

例えば久しぶりにプリンターを動かす際に

久々に起動してみたら印刷がきたない!!!!

ノズルクリーンしてみたものの時既に遅し!!!

そんな方いらっしゃるのでは無いでしょうか?

長い期間、起動しなかったらインクが固まってしまいます。

定期的に印刷したいが、インクが勿体ない‼️自分もそうでした。

そもそも印刷する機会が無いがために起きてしまいます。

しかしプリンターは修理すると高くつくし、

しかし年賀状は出さないといけない。
そして写真や書類など印刷して残しておきたい。

そんな方にエプソン製、キャノン製で比較的安価なものありますよ。

年賀状を印刷する程度なら本当にこれくらいで十分です

コインチェック

お勧めのインクジェクトプリンター

今回は自分が愛用しているキャノン製を紹介しています。

ホントに印刷の頻度は少ない方。
高いものは印刷スピード、印刷コストを売りにしますが、頻度が無い、印刷スピードを気にする必要はない方にお勧めです。

楽天、AMAZONで概要欄を貼っていますが、家電は時折、納期が遅いのがネックですのでネットではなく、近くの家電量販店で購入することをお勧めします。

5000~6900円のものを紹介しておりますが、家電量販店では4000円台で売られていますのでとてもお求め安くなっている場合がありますよ。

私は2018年製のTS5030Sのものを使用して、当時は7000円台で購入しましたが、いまだに故障もなく使えておりますのでとても満足しています。

なので使用頻度がない方は、有名メーカーの安価なスペックのもので良いです。

インクは互換インクで良いです。

そもそも純正インクって高いですよね。

最近のプリンターは本体は安く、インクが高いように思えます。

純正以外で印刷して故障しても保証しないというが、純正インクは高いので、仮に互換インクを使ってプリンターが壊れても修理せずに買い換えた方が実は経済的な場合もあります。

なのでここでは印刷の質に特にこだわりが無い方や、とにかく安く収めたい方には純正インクではなく、互換インクをお勧めします。

皮肉にも世界で一番高い液体はこの純正インクなのではないかと言われています。なにせ純正インクの一式は5000円~6000円します。

純正でなくでもダイソーでも1色200円で売られていますし、全色一式セットで1000円台のものはざらにあります。

印刷頻度がそこまでない方なら純正でない互換性のインクでも良さそうです。使えば使うほどこの差ははっきりとしています。

ショッピングサイトで「互換インク インクの番号」で検索すればたくさん出てきますので、プリンターあった番号の互換インクを手軽に安く購入事ができますよ!!

これによりプリンター本体とインクとセットで10000円以内に簡単に収まりますよ。

まとめと注意点

最近テレワークや自宅で仕事をしているとそれなりのプリンターが必要になることもあるかと思います。

仕事柄によってはスペックの高いプリンターを使用したほうが良いです。

しかし本当に自宅等でプリントをそこまで必要としない方には比較的安価なスペックで本当に良いかと思います。

年賀状を作るぐらいあれば必要最低限のコストで済ませるようにしましょう。

ABOUT ME
テクノ
九州在住の30代専門職サラリーマン😄 社会人から貯蓄をコツコツ蓄え、独身ならではの収入と倹約のみで30歳で貯金1000万達成。現在はブログ運営、ポイ活とせどりと蓄えた貯蓄で投資と株主優待生活のハイブリット生活を実践模索中。お小遣いを有効に幸福に使う方法を提案。妻と子供に恵まれ子育ての楽しさと苦悩を実感してきます。