仕事効率

【仕事効率・眠気対策】小腹が空いた時の間食は甘いものではなく低GI食品のSOYJOYがいい理由

Pocket

仕事をするうえでこんな経験はないですか。

相談人A

仕事中に昼ご飯を食べたにも関わらずお腹がすいた。

相談人B

その間食についつい甘いものを食べてしまうし、甘いものを食べてしまったり 昼ご飯の後には眠くなって作業効率が悪くなるんだ。どうしたらよいか?

食後の眠気は大敵です。しかし小腹が空いて集中できない人には過去ブログで、小腹が空いた時はアーモンドが良いというものを紹介しましたが、アーモンドだけでは飽き足らない人のためにも読んでほしい内容かと思います。

今回そのアーモンドと同時並行のおやつとして私は大塚製薬のSOYJOYをお勧めいたします。

コインチェック

SOYJOYをお勧めする理由

その1 食べ応えがある。

1回は食べたことがあるかもしれませんが 、内容量はそんなに多くありませんが、食べてみると案外固くて、それなりの咀嚼をしないと飲み込めません。
しかしこの咀嚼こそが 自らの空腹を満たしてくれます。

その上食べ過ぎない程度の量なので、チョコレートや甘いものポテトチップスといったものをドカ食いするよりは 効率的な食べ物といえそうです。

その2 低GI食品ってある。

GI 食品とは
GIは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のことです。
食品ごとにGI値が設けられており、GI値が低い食品は血糖値の上昇を穏やかにします。そのため、低GI食品は健康診断で食生活の改善を指摘された方の味方の食品になります。

出典 オオツカ・プラスワン

食事を摂ると食べ物の中の糖分がブドウ糖として血液中に取り込まれ、ブドウ糖が増えることで、すい臓からインスリンが分泌されます。ブドウ糖は肝臓や筋肉、脂肪組織などの細胞に取り込まれるため、血糖値は食事前の値まで下がります。

反対にインスリンの分泌が少なかったり、分泌のタイミングが悪い、もしくは作用が低下するなどの場合、血糖の処理がうまくされず、血糖値が下がりにくくなります。場合により、食後数時間たっても血糖値が下がらない状態が慢性的に続くこともあります。これが糖尿病に起因します。

GI値の高い食品は血糖値を急激に上げやすく、低い食品は血糖値を穏やかに上げると考えられています。そのため、低GI食品はインスリンの急激な分泌を防いでくれることから、肥満や糖尿病の予防に良いと期待されているのです。

その3 眠気がおきにくい

相談人C

そういえば、昼食後や甘い物を食べると眠くなるんだ。なんでだろう。

昼食を食べたり、間食をすると眠気がでますがそれはインスリンショックの影響かもしれません。

インスリンには血糖値を下げる作用がありますが、インスリンショックは食事や間食の際に過剰に糖分を摂取してしまうと、インスリンがその分過剰分泌されて血糖値が下がり過ぎてしまい、仕事時等の日常でのパフォーマンスが下がるどころか、筋肉の痙攣やひきつり、倦怠感、冷えなどの症状を引き起こしてしまいます。食後の眠気もそれにあたります。

その2でお伝えしたように、低GI食品は血糖値を穏やかにすることから、日頃の眠気におびやかすることなくおやつが食べられるのはSOYJOYと言うわけです。

ともあれ間食をしないほうが好ましいですが、食べないと集中できない、力がどうしてもでないと感じたら食べても良いかと思います。

ドカ食いは禁物ですので、今後のパフォーマンスを維持するためソイジョイやアーモンドのような少量で満足するものにしましょう。

まとめ

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

SOYJOYはコンビニ、ドラッグストア、スーパーマーケットで陳列されていますが、ネットでのまとめ買いもお勧めです。

コンビニは120円台ですが、まとめ買いだとamazonでは1つあたり100円で購入できます。

Amazonのレビュー数を見てみるとブルーベリーが人気ですね!!

いや!48個もいらないよという方はアソートタイプもありますので、そちらどうでしょうか?

ABOUT ME
テクノ
九州在住の30代専門職サラリーマン😄 社会人から貯蓄をコツコツ蓄え、独身ならではの収入と倹約のみで30歳で貯金1000万達成。現在はブログ運営、ポイ活とせどりと蓄えた貯蓄で投資と株主優待生活のハイブリット生活を実践模索中。お小遣いを有効に幸福に使う方法を提案。妻と子供に恵まれ子育ての楽しさと苦悩を実感してきます。