優待クロス

【株主優待】銘柄数は多いので、使用頻度の高さから厳選!9月優待取り予定の銘柄13選

Pocket

2020年度9月優待は以下の通り権利をもらいました。8月優待につづいて

3月期と同じように銘柄数は多いので、資金枠と相談の上、以下のように

決定しました。

中には、ぜひとも取得したい銘柄がありましたが、次回の教訓として来年の9月に持ち越したいと思います。

全て100株所有でクロス取引をおこなっています。

ジャパンマテリアル 6055  クオカード1000円
権利落ち日株価 前日比 +43

TOKAIホールディングス 3167 クオカード500円or お水2000円分
権利落ち日株価 前日比 -40

ティーガイア 3738 クオカード1000円分
権利落ち日株価 前日比 -47

マツモトキヨシ 3088  商品券2000円分
権利落ち日株価 前日比 -80

稲畑産業 8098 クオカード500円分
権利落ち日株価 前日比 -23

オリックス 8591 特産品カタログギフト
権利落ち日株価 前日比 -25.5

カッパ・クリエイト 7421 優待ポイント3000円分
権利落ち日株価 前日比 -12

学研HD 9470 自社グループの商品セット2000円分
権利落ち日株価 前日比 0

ベネッセHD 9783 優待カタログから1品
権利落ち日株価 前日比 -49

ゼリア新薬工業 4559 ヘパリーゼ10本
権利落ち日株価 前日比 -24

尾家産業 7481 オリジナルカレー 3人分
権利落ち日株価 前日比 -99

ヤマダ電機 9831 1000円分商品券
権利落ち日株価 前日比 +5

出来れば丸亀製麺を経営しているトリドールや、3000円分のクオカードが貰えるM&Aホールディングスが欲しかったのですが、人気銘柄で競争が激しかったので、一般信用売りを取得できず。

またいろいろ取引でミスをしているので、ミスをしないように注意したいと思います。

例えば300株からなのに100株しか取得していなかったり、余計に手数料を取られる方のコースにしたりとかです。

またこうやって見ると権利落ち日になると株価は急落する銘柄がほとんどですので、リスクの少ないクロス取引が安全な結果になりました。

クロス取引とは、「現物買いと信用売り(空売り)を、同じ株数・同じ値段で同時におこなうこと」を指します。同じ金額で買いと売りをおこなうので、損益は0円です。株価が動いても、お互いの損益で相殺されるので、株価変動によるリスクがなくなるのが最大の特徴です。相殺方は品渡、現渡により相殺することができます。

現物のみで優待目当てで取引をしている方は、権利最終日に高い含み益にであれば権利取得せずに売るのも一考だと思います。

10月、11月は銘柄が少ないので12月の銘柄を吟味、様子を伺いながら取引を行いたいと思います。

楽天証券・AUカブコム証券の口座開設は ポイントサイトモッピー経由で口座開設を行うとポイントがもらえます。まだポイントサイトモッピーを 新規登録されていない方は下のバナーにて広告をお願い致します。

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!
ABOUT ME
テクノ
九州在住の30代専門職サラリーマン😄 社会人から貯蓄をコツコツ蓄え、独身ならではの収入と倹約のみで30歳で貯金1000万達成。現在はブログ運営、ポイ活とせどりと蓄えた貯蓄で投資と株主優待生活のハイブリット生活を実践模索中。お小遣いを有効に幸福に使う方法を提案。妻と子供に恵まれ子育ての楽しさと苦悩を実感してきます。